横浜市内の直売所開拓!カフェで使う食材探しの旅。

野菜果物
スポンサーリンク

今月から始めた月2回のカフェ「hokkori」では、地産地消もテーマに掲げています。横浜の採れたて野菜の美味しさを地元の人たちに届けるべく、ここ数日は直売所開拓をしてました。

スポンサーリンク

都筑区の高田方面は畑がたくさん!

先週、高田駅の近くに住む友人と自転車で直売所巡りをしてきました。この地域は急勾配な坂が多くて、クロスバイクでも中々大変でした(^^;)でも高台から眺める景色は最高!

畑の傍で無人販売している所がありました。一袋100円とか安い!右のねぎ坊主をよく見てみると…

訳:「片栗粉を薄く溶いて油で揚げる、塩で食べる」

何故に片言なのかwww めっちゃ笑ってしまった。

箕輪養鶏場さんを訪問

野菜の直売所は月水金の営業ばかりで、この日は木曜だったのでどこもお休み。。唯一営業していたのが箕輪養鶏場さんでした。

卵の自販機は初めて見ました!だいたい1パック10個入りが300~350円ほど。LLサイズはスーパーでは中々見ません。

ここの鶏さんはモーツァルトを聴かされて卵を産んでるそうです(笑)

養鶏場の中へ行くと経営者の男性が出てきて、「初めて来た」と言うと色々説明してくれました。養鶏場について、卵の種類、自販機の使い方などなど。あと地元のスーパースター飯島直子さんについて熱く語ってたのがとても面白かった(笑)

赤玉と白玉の違いは、赤い鶏が産むか白い鶏が産むかで違うだけということを初めて知って驚きました。赤玉はビタミンEが多い!とよくパッケージに書いてあるけど、箕輪さんは「みんな同じ餌をあげてるし変わらないよ」と仰ってました。違うと言えば殻の硬さ。赤玉は硬く、白玉は柔らかい。茹で卵を作るのなら圧倒的に白が剥きやすくておすすめだそうです!

仲町台駅近くのながさわファームさん

仲町台にイチゴ農家さんがいるという情報を得たのでこちらも訪ねてきました。

可愛らしいイチゴの旗が出ています。遠くからでもわかりやすい!ハウスはいくつもあって、かなり広そう。

お外には僅かですが野菜も直売していました。あまり見かけないビーツが100円という破格だったので迷わず手に取りました!

中に入ると、ながさわさんと奥様と思わしきお二人が。お二人共私と歳があまり変わらないような気がしました。

ハウスの中には赤々と色付いたイチゴがパックされて並んでいました。品種は「紅ほっぺ」「よつぼし」「おいCベリー」の三つ。なんとうちの八百屋にも置いている新品種よつぼしを作られているとは!よつぼしはジューシーで甘味と酸味のバランスが良くとても好きです。

どれにしようか迷っていると隣のおばさんによつぼし全て持っていかれてしまった(泣)

結局キズありイチゴ(品種色々)とおいCベリーをいただいてきました。

見てくださいこのいかにも甘そうな色。。おいCベリーって初めて食べたけど、独特な味の濃さ!イチゴらしい味というよりは、ブルーベリーとかに近い味の濃さを感じました。

ここのイチゴはぜひhokkoriで使わせていただきたいですね!

JA日吉の農業祭

先週の土曜日に開催されていました。お願いしている筍が取れなかった時のことを考えて、保険筍を買っておきました(笑)

他には新玉ねぎ、人参、フェンネル、パクチーなど。筍以外全部150円くらいで衝撃!直売安すぎだよー!

 

まだまだ開拓は続く!

横浜市内で拘りの野菜や果物を作っている方と巡り会いたい。そのためなら何処へでも!

今回は仲町台まで足を伸ばしましたが、如何せん坂が多い。。開拓を続けるためにもそろそろ電動自転車を導入しようと思います。笑

野菜果物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kitamikuをフォローする
スポンサーリンク
みくログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました