【トレッサ横浜】全国各地のお米がズラリ!『農家産直米すえひろ』

おすすめグルメ

久しぶりの更新になってしまいました(・・;)気付けば2020年も5日目…恐ろしい速さ!今年はもうちょっと更新したいな…

ってこのセリフ年始のブログで毎回書いてる気がする。成長してない…^^

 

スポンサーリンク

トレッサ横浜に産直米のお店がオープンしたよ!

前置きが長くなりましたが…ずっと温めておいた(下書きにずっと眠っていた)お話がありまして!

『トレッサ横浜』
皆さんご存知でしょうか。横浜市港北区にある大型ショッピングモールなんですけどね。

その中に農家産直のお米屋さんができたのです!私が好きそうなやつキター!(ドンドンパフパフ)新鮮な農産物や自然食とか好きな方にはたまらないお店ですよー!

[ad]

お米を選ぶ楽しさを味わえる

店内の半分のスペースをお米が占めてます。全国各地のお米がずらーり。

ざっと40~50種類くらいはありそう。見たことのない品種ばかりでびっくり!お米というとコシヒカリ、あきたこまち、ゆめぴりか、ミルキークイーン、はるみ、、

思い出そうとしても10種類も出てこない。自分がいかにお米に無頓着に30年生きてきたかを痛感(笑)

そして何と言ってもポップの情報量がすごい。

粘り
バランス
サッパリ

ポップにはお米の食感が三段階でわかりやすく記されています。化学肥料や農薬を何パーセント削減して育成しているかなどもわかります。オーガニックに拘っている生活者にとってはとてもありがたい情報ですよね。

農家さんのこだわりや想いも細かく綴られています。これだけの情報量が詰まったポップが約40枚…全部読みたいけど読み切れない~!自分も産直の八百屋で働いている身として勉強になる部分がたくさんありました。

[ad]

初めて買ったのは岡山県産「朝日」

ポップから飛び込んできた「糖質が気になる方へ」という言葉に惹かれました。

私ではなく、糖質制限中の夫のために、です(笑)サッパリ系のお米は高アミロース米と言って、粘りの元になるアミロペクチンというでんぷん質の割合が少ないお米のこと、です。以前にhokkoriカフェで使用した「ホシユタカ」も高アミロース米の一種ですね。その時の記事にもう少し詳しく書いているので気になる方はコチラの記事も読んでみてくださいね^^

農薬と化学肥料も不使用な上に、「幻の米」って…食べずにはいられない~!ってことでお買い上げでした♡

洗米する前の朝日くん。一粒がやや大きめ?

少なくとも今まで常食していた無洗米のコシヒカリよりは。我が家の炊飯器で炊いた時の写真がこちら。

ほわぁ~~~!

立ち上る湯気、一粒一粒が艶めいていて、お米が生き生きとしている。私にはそんな風に映ります!

香りも、変な米臭さがありません。よく妊婦さんがつわりでお米の臭いがだめになると言いますが、あの特有の臭いがありませんでした。

食べてみると、一粒一粒の存在感がすごい。粘りがないのにとても歯ごたえを感じました。洗米の前から粒がしっかりしているな~と感じたのは間違いなかったようです。今まで食べてきたお米でナンバーワン!

[ad]

自分の好みや料理に合わせてお米も選ぼう!

日本人はもっちりつやつやなお米好きさんが多いですよね~。すえひろさんでお米を買うようになってわかったことですが、私はバランス~サッパリ系が、好き!

また、お米の特徴を知ることでお料理にも合わせて選べるようになりました。普段の和食やお弁当用には冷めても味が損なわれにくいよう、サッパリ系ではなくバランス系を。カレーや炒飯用にはサッパリ系を。スパイスカレーをよく作る我が家なので、サッパリ系は切らせません!

小麦アレルギーだからこそ、美味しいお米を毎日食べたい。

上で紹介した「朝日」は1㎏700円台で、常食するお米としては初め高価に感じました。スーパーでは10㎏4000円しないお米が普通に売られていますしね。ですが、有機無農薬栽培であの美味しさ。倍近くするのも納得できます。有機無農薬で野菜を育てるのも大変な上に、お米って…それはそれはもう想像を越えた農家さんの苦労があるでしょう。。きっと生産量にも限界がありますよね。そんな手間と時間がかけられたお米。美味しくないわけがないです。

私のように小麦アレルギーで毎日食べる主食が米であるからこそ、自分が心から美味しいと思うものを選び食べることが大事。そう気付かせてくれた、すえひろさんに感謝です!

今、実は野菜よりお米がアツいです。次はお米ソムリエ、目指しますか~!笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました