風邪の予兆にはコレ!アーユルヴェーダのスパイスティー「Samahan」

  • 2019.04.27
  • 更新日:2020.01.09
  • 生活
風邪の予兆にはコレ!アーユルヴェーダのスパイスティー「Samahan」

寒暖差が激しいこの季節、一番体調を崩しやすい時期ですね。一昨日くらいからまた急に寒くなって、今朝起きたら久しぶりに顔のむくみ、鼻詰まり、喉の違和感。これは風邪の予兆?そんな時に私が必ず飲んでいるスパイスティーをご紹介したいと思います。

Advertisement

サマハンとは?

サマハンは、アーユルヴェーダ(インド大陸の伝統的医学)原理に基づいて作られたスパイスティー。原材料は14種類のハーブで、100%天然植物由来成分。スリランカ国営製薬会社の「Link Natural Products社」がリンク・サマハンとして製品化。そのブレンド配合・製品化はアーユルヴェーダ開業医と薬剤師たちによって5年の歳月を経て開発されたものだそうです。スリランカではメジャーな飲料だそうで、スリランカ国内だけで月間300万個以上消費されているそうですよ。

私がサマハンを知ったきっかけはヨガでした。酷い風邪をひいてしまった時にヨガの先生に「これ効くよ〜」と言われていただいたのがサマハンだったのです。

使われているスパイス

全部で14種類のスパイスがブレンドされています。一袋たった4gの中にこんなにたくさんのスパイスが入っているとは驚きです。ジンジャー、コリアンダー、クミン、ブラックペッパーなどよく耳にするスパイスもあれば、シリテーク、ウイッシュヌクラ、ファルスカルンバなど、初めて聞く得体の知れないスパイスも(笑)それぞれどんなスパイスで、どんな香りと効能を持っているのか気になります。スパイス辞典などで調べてみたいですね!

Advertisement

実際に体感した味と効能

当時、ヨガの先生にいただいてから帰宅後すぐに飲みました。カァーっと喉に染み渡る辛味。これはものすごく効きそう!という感じでした。辛いけど甘味もほんのりあって飲みやすい。これはきび砂糖の甘味ですね。個人的にはとても美味しいと感じました。きっとチャイが好きな方はハマると思います。きっとこれに牛乳や豆乳を入れたらチャイラテっぽくなるんじゃないかな。飲んでいると体の芯から熱くなってきます。詰まっていた鼻水もズバーっと出て感動したのを覚えています(笑)喉もじんわり温まって、痛みや乾燥が軽減されました。

我が家では欠かせない予防常備薬に

あれからすっかりハマってしまい、今では風邪の予兆があると夫婦揃ってサマハンを飲んでいます。冬場は風邪っぽくなくても体が温まるのでよく飲んでいました。

まだまだ寒い日があるこの頃。皆さんも風邪には気を付けて、引きそうになったらぜひサマハンお試しあれ!

by カエレバ