マイぬか床、はじめました。

料理・手仕事
スポンサーリンク

コロナで終わりの見えない自粛生活。

先日お米屋さんに配達を頼んだら、ついでに生ぬかをもらった。

うーん、何に使おう。。

 

「そうだ、ぬか床つくろう!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めての『マイぬか床』

自分で一からぬか床をつくるのは初めて。

2年前くらいに『すぐ始められるぬか床セット』的なものを楽天で購入して一生懸命漬けてましたのですが、冬場寝かせておくのに失敗してだめにしてしまいました^^;

by カエレバ

 

↑こんな感じのタッパーまでセットで付いてきてすぐに漬けられるやつ。

とっても手軽!

ですが、今年のGWは自粛でどこも出かけないし、せっかくだから一から作っちゃいます!

味噌づくりなんかでもよく言いますが、自分の手で混ぜて作ることで自分の手に住み着いている常在菌が入るので、自然と自分の体に合うものができるんだそうですよ~。

買うよりも愛着湧きますよね^^*

スポンサーリンク

『マイぬか床』をつくるのに必要なもの

①材料(2~3人分)

米ぬか…1㎏

塩…130g(米ぬかの約13%)

水…1ℓ(米ぬかと同量)

鷹の爪…2個

昆布…5㎝×2㎝程度のきざみ昆布5~6枚

鰹節…8g程度

干し椎茸…2個

捨て漬け野菜…大根、人参の芯や皮、キャベツの外葉など

我が家は夫と二人なので1㎏の生ぬかを準備。

配達の時にお米屋さんからもらったぬかだけでは足りなかったので、追加でお米屋さんに貰いに行ったら「足りなかったらまたいつでも来て~」と言われました(笑)

生ぬかが身近に手に入れられない場合はネットでも買えます。

オーガニック志向の方には『合鴨農法』の無農薬米ぬかなんかがおすすめです^^

by カエレバ

 

お塩は食塩ではなく、ミネラル分の多い粗塩を使いましょう。

これはぬか床に限らず毎日のお料理にも言える事。

精製されたお砂糖が体に良くないように、精製塩も然り。

大事なミネラル分が削ぎ落されて、ただの塩っ辛ーい食塩になってしまいます。

高血圧などの原因にもなりますので要注意ですよー!

by カエレバ

 

我が家で愛用しているのは『瀬戸のほんじお』

塩はお料理で必ずと言っていいほど使うので、あまり高すぎるものは買いません。

調味料は、家計に無理のない範囲でできる限り良いものを揃えるのが私のポリシーです。

あれもこれもオーガニック!なんてやってたら家計が火の車になってまいます(笑)

安心安全はもちろん大事ですが、経済的に無理なく、何より自分が「美味しい」「楽しい」と思えることが料理の大切さだと個人的には思いますね。

スポンサーリンク

お水は一般的なミネラルウォーター。

我が家は車を持たないので、お水はウォーターサーバーとamazonに頼ってます。

今は外出自粛で小まめに買いに行くのも避けたいですよね。

amazonは定期便で安くなるのでおすすめです^^

by カエレバ

 

鷹の爪は防腐効果の役割を果たす重役なので必ず入れましょう!

その他旨味の素となる食材はお好みで大丈夫です。

昆布については、5㎝四方のものであれば3枚程度で大丈夫かと思います。

今回はたまたま我が家にあった細めの刻み昆布を使ったので、その分枚数多めに入れています。

by カエレバ

 

この刻み昆布はサイズ感と出汁の取りやすさが気に入っています。

実山椒や煮干しなんかも入れると美味しくなるそうなので、お家にある方はぜひ入れてみてください^^

スポンサーリンク

 

②ぬか床容器

ぬか1㎏で作るなら3~4ℓ、2㎏で作るなら4~5ℓ入るものであれば余裕かと思います。

深さが10㎝程度あるとかき混ぜやすいのでおすすめです。

臭いがつかない琺瑯タッパーも人気ですね。

by カエレバ

 

ただ個人的には、「容器で3000円以上もかけたくない…!」と思うわけです。

ドケチですみません(笑)

初めてだし百均のタッパーで始めるかな~と探しに行ったのですが、意外と容量が多くて深さのあるタッパーがないんですこれが。

結局、絶対大きすぎるーと思いながらも600円くらいで6ℓくらいの深さがあるものを買ってきました^^;

スポンサーリンク

『マイぬか床』の作り方

さぁ、早速『マイぬか床』仕込んでいきますよー!!

①容器の消毒

乳酸菌の前に雑菌が繁殖してしまわないようにこれはしっかりやりましょう!

我が家で愛用しているのは『ドーバーパストリーゼ77』

食品に直接かけてOKなので使いやすく、リピートしてます。

by カエレバ

 

現時点ではコロナの影響でどこも売り切れかもしれませんが(-_-;)

スポンサーリンク

②ぬか床の材料を混ぜていく

容器の消毒が済んだら早速材料を順に混ぜていきましょう!

お米屋さんの精米ホヤホヤのぬか。

ふかふかしていて気持ち良い~(*´▽`*)

ずっと触っていられる気持ち良さ!

以前、米ぬか酵素風呂に通っていたのを思い出しました。

糠漬けやっていたら混ぜる手だけがスベスベになりそう(笑)

 

続いて塩を入れます。

ざっと全体を混ぜたら、次はお水。

全体に行き渡るようひたすらまぜまぜ。。

拳の中でぎゅーっと握って指の間から水分がじわ~っと滲み出るくらいが丁度いい水分量だそうです。

だいたいお味噌くらいの固さです。

お次は旨味材料を一気に投入!

干し椎茸は細かく砕いて入れました。

まぜまぜして全体が馴染んだらOK

 

最後に捨て漬け野菜を投入。

今回は家にあった人参、キャベツ、大根の芯などを使いました。

野菜の皮を入れてもOKなのですが、我が家はわりと皮ごと食べてしまうことが多い(剥くのが面倒だから笑)ため入れませんでした。

スポンサーリンク

さぁこれで材料全て入りました。

最後にぬかの空気を抜くように掌でグッと押えながら均します。

均し終えたらしっかり周りに付いたぬかはふき取りましょう。

はい、これでぬか床のベースが完成!!

お疲れさま!!

これで終わりではありませんよ~!

明日以降は「ぬか床を育てる期間」に入ります。

 

スポンサーリンク

本漬けまで20日程度かかる

美味しいぬか漬けが食べられるまでまだまだ先は長いです!

・毎日1~2回かき混ぜる

・捨て漬け野菜を3~4日毎に入れ替える

乳酸菌が増えるまでの間、他の雑菌が増えないよう必ずかき混ぜます。

底から持ち上げて撹拌するようにしっかりと。

ただ、乳酸菌は空気を嫌う『嫌気性菌』なので、最後はしっかり空気を抜くようにぬか床を押さえるように均すようにしましょう。

乳酸菌を増やすための大事なポイントです!

しっかり酸味が出て本漬けができるまでは20日程かかるそうです。

ぬか床育成の経過はまた後日アップしまーす♪

スポンサーリンク

ぬか床のその後…

最初の一週間くらいは順調でした。

しかし、GW明け頃、急激に気温が上昇した辺りから何やらぬか床から刺激臭が。。(震)

鼻にツンとくるような薬品?のような臭いに近い感じでした。

調べてみたところ過剰発酵による雑菌の繁殖してしまった可能性が高い。。

考えられる原因は

●急激な温度上昇

●かき混ぜ不足

●塩分不足

などなど。

気温が上がり一日2回かき混ぜるべき時に、夜かき混ぜるのを忘れてしまったり…思い当たる節があります(-_-;)

育成初期でまだ乳酸菌も少ない段階だったので、他の雑菌の勢いに勝てなかったのかもしれませんね。

 

対策として、捨て漬けを中止して毎日こまめにかき混ぜたり、粉からしや鷹の爪を混ぜたりして様子を見ていたのですが、臭いは悪化する一方。。

泣く泣くこのぬか床は処分することに(´;ω;`)

でもめげません!!

まだ5月だし、真夏がくるまでに時間はあります。

必ずやリベンジしまっせー!!

 

マイぬか床、はじめました。~リベンジ編~
初めてのぬか床作りは悲しい結果に… GWにチャレンジしたぬか床作り。 なんと始めて一週間程でだめになってしまいました(T_T) 詳しくは前の記事に書いています。 しかーし! 一回失敗しただけ...

↑↑

リベンジ編はこちら!

料理・手仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kitamikuをフォローする
スポンサーリンク
みくログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました