【瑞穂町】東京でブルーベリー狩りができる!彩り畑「きりり農園」

野菜果物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同期生が営む「きりり農園」

ブログに書くのが遅くなってしまいましたが、一月前に野菜ソムリエプロ同期の繋がりで、東京の瑞穂町に行ってきました。そこで同期生の一人が農業をしています。コチラの記事でも紹介しています。まだ新規就農されて4年ほどの小さな農園ではありますが、多品目のカラフルな野菜を無農薬有機栽培で大切に育て上げています。

きりり農園には去年からずっと行きたいなーと思っていたのですが、中々都合が合わず。。念願叶ってやっと行けました。今回は同じく同期生の野菜ソムリエプロあいちゃんと一緒に訪問しました^^*

農園へのアクセス

きりり農園があるのは東京都西多摩郡瑞穂町。東京の中心部からはかなり離れた自然いっぱいの素敵な町です。

最寄り駅はJR青梅線羽村駅、もしくはJR八高線箱根ヶ崎駅。横浜方面から行く場合は南武線で立川駅まで出て乗り換えるコースになると思います。どちらの駅からもバスで15分程度です。羽村駅からは農園近くにある「ザモールみずほ16」という大きなショッピングモール行きの無料シャトルバスが、一時間に一本出ています。

私とあいちゃんは見事にその貴重な一時間一本のバスを逃し、結局タクるという失態(笑)ちなみにタクシーだと2000円ちょいくらいだった記憶です。皆さん気を付けて♡

ちなみに、車で行く場合は圏央道の青梅インターより10分程です。

スポンサーリンク

畑の前で野菜の直売も

15時過ぎに到着、農園の前では野菜の直売が始まっていました!

明香さんご本人と、旦那さんと妹さんもご一緒です。炎天下の中お疲れさまです!

てかてか採れたての野菜がいっぱいで大興奮!きりり農園のお野菜は拘りの天然の有機肥料でじっくり大切に育てられています。もちろん農薬は使わずに。

東京都は化学肥料の削減に取り組まれている農業を推進するため、「東京エコ農産物認証制度」というものを設けています。25%削減、50%削減、不使用という3区分に分けられているのですが、きりり農園は不使用の「東京エコ100」の認定を受けているそうです。すごいですよね。きっと私たちの想像をはるかに超える苦労があるのだと思います。

ナスはナスでもごく一般的な千両ナスが、ない!きりり農園は固定種などの珍しい品種を中心に栽培されているそうです。一つの品目でもこんなにカラフル。味もぜーんぶ違うんでしょうね。

オクラも初めて見る子がいました!赤い軸にずんぐりした形。「ヒルカントリーレッド」というアメリカの品種みたいです。切ると普通のオクラは五角形で星形に見えますが、これはお花のような切り口に。可愛いすぎる…!紫色のピーマンまであります。いい意味でカオスですね(笑)

赤軸のバジル。その名も「ルビンバジル」。葉脈がくっきり、美しい!まるで画のよう。香りもよくある「スイートバジル」とは違いました。

こちらは「スベリヒユ」という野草。かなり繁殖力が強い雑草で、除草するのも大変らしいです。そんなスベリヒユですが、明香さん曰く「スーパーフード」なんだそうです!調べてみると、オメガ3脂肪酸が多いという驚きの事実!!青魚やアマニ油などに多いあのオメガ3。健康食品としてサプリメントでも売り出されているほど注目されている栄養素です。それが雑草に含まれているなんて…青魚もびっくりですな(笑)

私もこの日買って帰りました。アクや癖もなく、お浸しやナムルにしたらシャキシャキでとっても美味しかったです^^*

スポンサーリンク

本日のメインイベント:ブルーベリー狩り!

さぁさぁお野菜でテンションが上がった後は念願のブル狩り!実は私、初体験でした。

想像以上に広い!ティフブルー、ブライトウェル、バルドウィンなどなど…品種が複数あって、明香さんがそれぞれ特徴を説明してくれました。食べ頃の甘いブルーベリーの見分け方なども教えてもらい、いざブル狩り(/・ω・)/

うわ~見てくださいこの大粒。はち切れんばかりです。教えてもらった通り、ブルーム(果実が実を守るために出す白い粉状の蝋物質)が付いて白く、軽く捻って採れるくらいのものを探します。

プチっとな。うーん。めっちゃ美味しそうなのゲット!その場でパクっと口の中へ。

「ん~!うまい!!」

弾ける肉厚な果肉。程良い酸味の中にじゅわっと広がる果汁と甘味濃厚!これはすごい。止まらない。炎天下の中出ていった水分とミネラルが補給されていきます。採っては口に入れ、採っては口に入れ、全く籠に溜まっていきません(笑)

ものの30分くらいでしたが、目利きにかなり磨きがかかって後半取るやつ全部美味しいのばかりでした。これで私も立派なブルベリハンターです(`・ω・´)シャキーン

ブルーベリーが似合う女、あいちゃん。ザ・テレビジョンの表紙ブルベリバージョン的な(笑)私はただの買い物中のおばちゃんにしか見えない…(*’▽’)

スポンサーリンク

この日たまたま同じ時間に農園にいらしていた野菜ソムリエの高橋さん。もう何度か来られているようで、サクサク収穫されていました。収穫したブルーベリーでタルトを手作りされたりするそうで!素敵です!

収穫後の休憩タイムはみんなで談笑。私がお土産に持って行った自家製梅干し、明香さんが美味しい~とその場で食べくれてとても嬉しかった(*´ω`*)

これ、明香さんのお母様(だったかな?)がブルーベリーを濃厚なジュレ状にしたものを炭酸水で割ってくれました。カルピスの原液を割って飲むような感じで、これまた濃厚で美味しいー!汗びっしょりかいた体に染み渡りました。

自分で摘んだブルーベリーと、直売されていたブルーベリーも追加で購入。B品がお安く売られていましたが、私のような素人が見たら全然B品だとわかりません。加工向けとのことなので、冷凍して焼き菓子に使おうと思います^^*

スポンサーリンク

2019年7月野菜ソムリエサミット銀賞受賞

野菜ソムリエ協会では毎月一度、野菜ソムリエが評価員となって出品された農産物や加工品を評価する「野菜ソムリエサミット」という品評会があります。もっと評価されるべき農産物の価値を高めていこうという趣旨です。

実は、今年度私も評価員として参加しています。7月のサミットではブルーベリーが二つ出品されており、一方が粒の大きさ、味、食感で圧倒的に高評価を受けていました。出てきたときの評価員たちの沸き上がり方が凄かったです。「すごい!大粒!」食べている間もあちこちで感嘆の声が上がっていました。

評価会が終わった後に、そのブルーベリーがきりり農園のものだと知った時、鳥肌が立ちました!

「あのブルーベリー、私の同期生が作ったものです!」

自分のことのように嬉しくて周りに言いまくってしまいました(笑)

後日プレスリリースされた結果を見ると、見事銀賞を獲得されていました。

「今年は長い梅雨が続いて出来が良くなかったから期待していなかった」と明香さん。この日評価会の時の様子をお話ししたら涙ぐんでいて、本当に大変だったんだなぁ、と。私ももらい泣き(笑)

長い梅雨が明け、たっぷりの陽を浴びて、評価会で食べた頃より更にパワーアップしたブルーベリー。この日たっぷり頬張った私は贅沢者ですね!

ぎっしり詰まった一房のブドウのよう。これ、一番気に入ってる写真なのです。

ほらほら、これを見ているあなたもきりり農園のブルーベリー食べてみたくなりましたよね?

そうだ、瑞穂町 行こう。

スポンサーリンク

秋のきりり農園でお芋パーティー

残念ながら今年のブルーベリーはもうおしまいのようですが…

次はお芋パーティーが開催されるそうですよ♪カラフルなサツマイモがたくさん出揃うそうです。昨年このイベントも行けず終いだったので、今年は絶対行きます!なんてったって芋姉ちゃんの異名を持つ私ですから!それくらいサツマイモには目がないです。むふふ。

イベント情報など、きりり農園のHPやSNSで告知されるかと思います。皆さん要チェック!

きりり農園HP☞https://www.biogarten-kiriri.com/

最後は田口さんご夫婦の素敵ツーショットで。

お二人とも本当に優しい人柄で、和みます。これからもご家族力を合わせて美味しい野菜を届けてください。また遊びに行きます。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました